ホームドラマ!

2014年06月22日


岡田惠和さんの脚本ってどうしてこんなにも家族が温かいのだろう?
たとえそれが本当の家族じゃなくても、帰る場所があって理解してくれる人がいて…
どのキャラクターも温かい人間の心を持ってるから惹かれてしまう。

オープニングはGilbert O'Sullivan の "Alone again" で自殺を彷彿させる暗ーーーい歌詞。
それはドラマの抱える共通の悲しみを彷彿とさせるけど、エンディングの堂本剛くんの "ORIGINAL COLOR" で人を愛すっていいかもってちょっと上向きに思えるのがドラマ全体のストーリーと合っていてよかった。
どちらの曲も別にこのドラマのために書き下ろしたものじゃないだろうけど、でもそれがすごくピッタリで驚いた。

1人で生きるにはあまりにも辛すぎるからと始まった共同生活。
今はシェアハウスとか普通にあるけど、10年前はなかったもんな
がらんとした巨大な空間が少しずつ埋まっていって生活感出る家庭が微笑ましい。
7話で『キッズウォー』と『木更津キャッツアイ』を彷彿させる演出があったのはおもしろかった。

っていうか岡田さんの脚本好きすぎるよー!
こんなに登場人物多いのに、それぞれが抱えてるものがあるのに、ちゃんと11話で収めてて最後の最後まで「お?」となる展開入れててもちゃんと終われるって素晴らしい!!!

あとは1話の堂本剛くんに惚れるね。
秘密を打ち明けたあとのあの喜び方、キュンキュン♡
世の男性陣よ、ああしてくれるとオンナは嬉しいぞ。
抱えた不安も飛んでいくぞ。
覚えておくよーに(笑)


ホームドラマ!

あと記憶違いだったのか、当時観たときのエンディングイメージってこうだったんだけど違ってびっくりした。
キャストとかスタッフの名前が青バックに白字で右から左に流れてて、上にセピアカラーのタイの写真が数秒置きに変わってくやつじゃなかったっけ?
で、歌詞に合わせて砂の写真とかもあったりしてさ。
・・・めっちゃ鮮明に覚えてるんだけど何の記憶だろう。

ホームドラマ!
 キャスト:堂本剛 ユースケ・サンタマリア 酒井若菜 紺野まひる いしだあゆみ 井上真央 泉澤祐希 田村高廣 西洋亮 
   脚本:岡田惠和
   放送:TBS 2004年
【ドラマ:日本 00'~の最新記事】
posted by まーちん at 10:37 | Comment(0) | ドラマ:日本 00'~ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。