24 -TWENTY FOUR- シーズン2

2014年12月23日



シーズン1では夜中にこっそり抜け出して遊びに出かけたのが原因でエライことになったのに、全然言うこと聞かなくて生意気だったキム(キンバリー)が、シーズン2ではチビッコの面倒もちゃんとみて、守られる側から守る側へと成長していて頼もしい。
だからこそメーガンに対してどっちにすんだ!泣くな!ママはいない!とイライラさせられた。
一体全体どうして子供ってこうなのかしら。

でも、キムもジャックの前では子供なんだよね。
あー、泣かされた。
おんおん泣きましたとも。

拷問シーンはもう見てられないほど辛かったけど、その後のジャックの不死身っぷりったらないです。
あんな薬投与されまくって、スタンガン打たれーの、コテみたいのでジュウジュウされても走れる!撃てる!強すぎじゃ。
とても心停止していた人間とは思えんよ。


ところで、24は24話の中でいろんな事件が絡み合っているのが魅力なんだけど、登場人物が多すぎて把握しきれず。
とくに白人オトコがサッパリ見分けがつかなくて、よくわからなかった。
政治家たちと容疑者たちなんだけど、わたしにはみんな一緒に見える・・・。
人は自分と違う人種を見分けるのがニガテだと聞いたことあるが、こんなにも見分けがつかないとは!
これには自分でもちょっとびっくり。


それにしてもシーズン1でもこいつ心底イヤなやつ!というキャラクターが多かったけど、どこまでもそういうキャラはいるのね。
キャリー。
キミには相当腹立ちましたよ。
邪魔をするでない。人のオトコを取るでない。告げ口ばっかりするでない。

ジョージ・メイソン。
ジャックの何よりも大事な娘、妻の安全を故意に知らせなかったり、事件を優先させるアナタの冷徹さにイライラしてましたが、その勇気ある選択でアナタは思ってたより悪い人じゃないと理解しました。
願わくば仕事一筋じゃなくて、自分も周りにも家庭を大事にさせてあげてほしかった。

マイク。
わたし、いつか裏切ると思ってた。
やっぱりね。

そしてキング・オブ・イライラ、いえ、クイーン・オブ・イライラは安定のヨメ、シェリー。
常に自己保身。
キミが絡むとマジでいいことない。
つーか、パーマーはなんでこんなのと幼なじみやってこれてたんだ。
結婚できたんだ。わたしは不思議で仕方がない。




24 -TWENTY FOUR- シーズン2
 キャスト:キーファー・サザーランド エリシャ・カスバート
      デニス・ヘイスバート カルロス・バーナード
   放送:2002年(アメリカ)
タグ:24
posted by まーちん at 22:55 | Comment(0) | ドラマ:アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。