風立ちぬ

2015年03月27日



子供のためのアニメーションを作り、時代を作った宮崎駿監督らしい作品だと思った。

彼の半生をまとめた本を読んだことがあるが、監督はものすごい仕事人間だという。
素晴らしいアニメ監督であるのと同時に、ちょっとそれどうなのよーっ?と思う部分もあるのだ。
  • 裕福な家庭で育った
  • 仕事人間
  • 徹底的なこだわり

その上でこの作品を見ると『風立ちぬ』で描かれている次郎と宮崎駿監督とはリンクする部分が多くて、監督そのものだなと。
「菜穂子がかわいそうだ」と思う反面、「少しでもそばにいたい」という気持ちもわかるような気がしてウーーーってなる。
これは惚れた者の勝ちというかなんというか。

そういえばこれって3.11の東日本大震災のときに作られていた作品なんだよね。
関東大震災と戦争は経験していないけど3.11のあの絶望的なショックはわたしも経験した。
だからこそ作品の中で街が破壊されていく感じは、アニメーションなんだけどリアルで。
個人の力でどうにもできないことって恐怖!

ましてや戦争と貧乏はもう2度と起こらないでほしい。
次郎さんはお金持ちで優秀なこともあって会社にも周りからも慕われて守ってもらえてるけど、この戦争で犠牲になった人は山ほどいるわけで。
勧められたシベリアを断った子供たちのような子の方が実際は多かったんだろうなぁ


あとは願わくば声優さんがもっと自然な方だと…!
どうしても淡々としすぎてて気になっちゃうよー

それにしてもこれが宮崎駿監督の最後の長編映画作品というのが残念である。




風立ちぬ
 キャスト:庵野秀明 瀧本美織
   監督:宮崎駿
   公開:2013年
posted by まーちん at 16:20 | Comment(0) | 映画:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。